ごきげんのツボ

ほぼごきげん、時にはふきげんな日もあるブログ

シュールだった文章講座   No.338

 

台風に振り回された三連休の初日は文章講座だった。現在、先生は関東なのでZOOM講座だ。

知り合いのワンピース農業女子Eちゃんから誘われてホイホイと新婚の彼女の家へ行ったのは3年近く前になると思う。どんな先生かも知らずに2回ほど、たわいのない話をしながら対面で受けていた。「なんか作家らしい・・・」ぐらいの認識で隣の浴衣を着たおじさまぐらいの感じにしか思っていなかった。ほんと失礼だな~~~

 

先生は神山典士(こうやまのりお)さんと言って十分に有名なノンフィクション作家さんだった。慌てて先生の著書を読んだ次第だ。そんな先生にワンピース農業女子が東京にいた頃の縁でたまたまありがたく教えてもらっているのだ。

 

気取りがない先生で参加も自由な感じに甘えすぎて、なかなか殻を破れずにいるところだが、ただひとつパソコンに向かうのが億劫ではなくなってきたのは確かだ。

書いていると微妙にモヤモヤする気持ちを整っていくし、伝えたいことを文字にするのは合っている気がする。(個人の見解)

ただ構成とか表現とかを全無視なので読み手にとってはメリットはないと思われる。そして書き終わった満足感とともに、未達成感も同時に味わうことになるのだ。

 

「あ~、もっと気の利いたことや上手い表現で書けたらなぁ」とか思うけど・・・最近は70%出来たらいい派で過ごしてるので良しとしている。

 

先生の文章はキレがあるし(当たり前か)、エネルギーの塊となってと迫ってくる感じがある。さすがノンフィクションライターだ(わたしが言わなくてもよい)

先生の東京の生徒さんたちも、教えを受けてグッと引き込まれる文章を書いてくる人ばかりだ。勝手に親近感が沸き、facebookに上がる皆様方の物語を読むのが待ち遠しくなってきた。

 

先日の講座での先生の言葉、「たとえちゃんした言葉を持たない人(ウザッ、マジで済ませる)、文章を書いたことがない人でもどんな短い、間違った言葉でもいいから少しでも書いていたらきっと人生が変わってくる。」と言われた。

文章を書くことにはチカラがあるのだ。

ある参加者Kさんの作品で仕事上で出会った男の子の話からそういう話になったが、先生の生涯の使命として、文字にすることで人生が豊かになるということを伝えていかれたいのだろう。特に今では子どもたちの作文教室に力を入れられているようだ。いつも子どもの作文が学校のカリキュラムから無くなったと嘆いておられる。

 

終了後、講座のグループのページに先生のエッセイと共に貼られていたメッセージが沁みた。

 

文章は今日も生れてくる。それぞれのささやかな人生を載せて。私は産みの苦しみの共感者として、彼らに寄り添う。より禍々しい作品が生れてくるように。 それは書き手としての自分自身をも鼓舞する、「劇薬」でもある。(勝手に載せました)

 

先日の回は提出した作品の内容からひたすら涙に耐えていた反面、農業女子のEちゃんがずっと頭の上にのせてる結構な大きさのオカメインコのいたずらと作品のギャップがシュールすぎて何回も吹き出しそうになった。

みんな画面にはインコが居ないかのように話していたけど、わたしは半分はいたずらインコにばかり気を取られていた。(インコ好き)

その涙とインコのシュールな絵図を思い出しても今でもにやけてしまう。

 

わたしの笑いの沸点が低いのかな・・・

 

このゆる~い感じが好きなのだ。1日5分の筋トレのようにそのうち薄っすら筋肉がついてくるかもしれないし、こないかもしれない。それでも自分のために書き続けよう。

 

また来月もオカメなインコちゃん来ないかな。

 


全般ランキング

台風でイベントが中止だけど No.337

台風14号接近のため、地元の神社で開催予定であった人形浄瑠璃が中止になった。主催の艶恋座と勘緑さんの一座の町内での初公演だっただけにとても残念だ。わたしたちはこの公演をバックアップする応援部隊なのだ。

 

ほぼ手弁当でのボランティア活動だっただけに、中止となるとドドッと疲れがでた。明日本番のための準備に充ててた時間がぽっかり空いてしまった。そうなると眠気が襲ってきてひたすら真昼間からテレビもつけっぱなし、朝昼兼用のごはんの後片付けもせず、がんがん寝てしまった。

 

久々のイベントで知らず知らずのうちに緊張していたのかも知れない。

 

やっと今朝になって中止の連絡を神社側にしたら心からホッとした様子だった。「まさか嵐が来るというのにやるつもりじゃなかろうな」と思っていたに違いない。

30分も経たないうちに町内の放送で中止を連絡を流してくれた。もちろん今となってはこの状況でやるという人は誰もいなかったけど2,3日前まではそれぞれの意見が分かれていた。

 

判断も難しいし、その後の対応も大変だ。(今回は小規模だったのでそこまではなかった。)個人的にはギリギリまで判断は待ちたいし、なるべく決行したいというところ。

たとえば今回の感染症を恐れすぎる人が「もし何かあったら責任取れるんですか?」というのと一緒で、イベントにおいても責任をありかばかりを重んじるばかりに、事業が縮小したり、中止の判断が早かったりする場合がある。

 

今回は大型台風だからどう転んでも仕方ないとしても、どっちかというと「やって、何かあったらその場で対応策を誠実に考えましょう!」という人たちと一緒に居たいと思う。

 

先ほど、地域の関係者から連絡をもらて「敬老会の配りものした時、役員はじめ、みんな残念がってたよ」と聞きホッとした。だいたいいきなりそんな案件を持ってきて足蹴にされるのが普通かもしれない。役員の方はすごく真面目な方ではあったけど、地元の人が喜ぶならと、初対面のわたし達の案件にうなづいてくれた。

 

地域の小さな神社で人形浄瑠璃、伝統文化が広がり、地域の方も楽しめる。たいしたことは出来ないけどちょっとがんばっただけでそれが叶うところまでいった。本番はできなかったけどそれを実感したいい時間だった。

 

みんなの違った意見が段々寄り添っていくところが、ここちよかった。

 

とりあえず今は明日、協賛でいただく予定のお弁当とお菓子を食べつくさなければならない問題が・・・・

 

このイベントは台風14号接近に伴い中止となりました。

f:id:tentecoworks:20220917230634j:image
f:id:tentecoworks:20220917230637j:image

 

 

母たちのノート  No.336

わたしの母は86歳になる。料理好きで、今でも長い時間台所に立ってあれこれと手のかかるものばかり作っている。甥っ子が帰省したこの夏に『総料理長』といって台所仕事をする母の丸まった後ろ姿をインスタグラムにあげていた。母のそばにたら食べることに困ることはまずない。

旅行にもほとんど行かない、晩年、詩吟やピアノをはじめた時もあったがやはり続かず台所へ戻って行きコトコトと惣菜を作ってるイメージが一番強かった。わたしはそんな母のことを物足りない人生だったのではないかと勝手に思い込んでいた。

ほとんど文句や愚痴を言わない母はこの小さな台所で一日を過ごす。「料理は脳トレ脳トレ、これがなくなったらボケるよ」と言いながら鍋に集中することで、つらいことも吹っ切ってきたのかもしれない、とその年老いた姿を見るたびに思う。

そんな母が料理のほかに没頭していることを発見した。先週、実家に帰った時に押し花で飾られた和紙のノートをたまたま見つけた。何気に開いてみるとそこには筆ペンで書かれた優しい文字と色えんぴつで小さなイラストが描かれていた。孫たちが帰ってきたことや季節の花が咲いたことなど、とりとめのない内容なのになぜかキューッと胸元をつかまれた気がして胸が詰まった。

そしてこの歳になって料理以外の楽しみをつづった雑記帳を見つけて嬉しくもあった。

見た目はどこから見てもおばーちゃんだがノートに綴られた言葉はやさしくて澄んだ尊い文面だった。料理を作る以外の人格をはじめて見た気がした。

嫌事や納得のいかないことは短いたわいのない文章に変換する毎日だったのかもしれない。だれの悪口も愚痴も書いてなかったが、その絵日記を透かしてみると母のモヤモヤしたものが浮き上がってくるのではないかと少し恐ろしくもなった。「言いたいことを主張するばかりが偉いんじゃないよ」と言われている気もした。

一方、義実家。義母はこの四月より施設に入った。わたしたちは空き家の溜りに溜った家財道具を片付けに月に4,5日通っている。義母は整理整頓は上手でどの押入れや引き出しを開けてもパズルのようにぎっしりと物が詰まっている。そしてオット曰く「きれいなゴミ屋敷」というのがまんざら間違っていない気がしてくるほど物が多い。といっても「わたしが生きている間は何ひとつ捨てないで」と言われているので嫁の立場としては明らかに不要なもの以外は捨てられない。

わたしはヤル気が出るはずもなく、何気に古いタンスの引き出しを開けるとそこにA6サイズの古いノートが7、8冊ほどきちんと並んでいた。それはまさかの料理ノートだった。なぜ驚いたか、義母はとても料理好きとはいえない人だったからだ。

長男の嫁として大家族を切り盛りしていたが、計量スプーンで測りながら料理する姿はとても料理好きとは思えなかった。楽しんでいるようには見えなかった。

台所にわたしが立つと「それ、ちゃんと測った?」「この〇〇〇のインスタント出汁が一番おいしい。」と納得のいかないことばかり言われていた。お正月のお雑煮も地元の醤油会社が販売している粉末のうどんだしを使うのが得意だった。オットにとってはその粉末だしが母の味だったのだろう。

 

そのノートにはテレビや料理本から見聞きしたと思われる料理のレシピが鉛筆書きでビッシリと書き込まれていた。時にはお皿にのった料理のイラストも描かれていた。苦手な料理をがんばろうという気持ちは大いにあったことは間違いなかった。

いつ頃のノートなんだろう?

義父が亡くなってから自分ひとりの食事のためにはこんなノートは必要ないはずだ。この料理がはたして食卓に並んだかどうかは別にしても家族のための書かれたのは一目瞭然だ。義母は味を塩梅でみることはなく、言われたとおりのレシピに頼っていたのだろう。  

 

今でこそ、男子も厨房に入り、妻も同等に働く時代。レシピもポンポンスマホからでてくるが義母たちの時代は手書きのノートを頼りに大所帯の料理を楽しもうとしていたのだろうか。味は「うーん??」という感じだったが義母の料理は小さな美しい有田焼にきれいに盛りつけられていた。『きれいでしょ?』とその盛り付けに満足そうに笑っていた。

母たちの手書きのノートは誰に見せるつもりもなかったはずだけど、わたしが見るタイミングだったのかも知れない。

選択肢がそれしかなかったとはいえ、家庭という自分のいる場所で生活を愉しんでいた母たち。

わたしもいつか家の台所と庭先の草花を愛でるだけで満たされる日が来るのだろうか。

 


全般ランキング

脳の働く時間を意識してみる No.335

 

3日間の両実家でのタスクをこなしながら、草取り中に聴いたオーディブルの「考え方の超入門書」の一説。

というか暑さと疲れでほとんど覚えてないが腑に落ちヒントがいくつかあったので実行してみることにした。特に目新しいことではないのだが・・・言い続けられていることには理由があるはず。

 

まず早起きしてタスクをこなす。いわゆる朝活なんだけど、その時間の脳は『金』に値する、逆に食後は『銀』から『銅』になったりと芳しくない。それは実感として多いにあるし、夜になると『鉛』の脳になるらしい。

 

やっぱり夜、作業をするのは非効率ということだ。朝起きたてのスマホも非常に脳を疲労させるらしい。仕事が休みだったらすると朝イチでどーでもいい記事を読んでいると、大切な朝の脳の時間を奪ってしまうことになるらしいのだ。

 

紙ベース、例えば本や雑誌に逃げるほうが疲れは全然違う。これもまた実感している。スマホのゲームは若い人しかできない理由がそういうことなんだな。

 

あとやることをメモに書き出しておく。

『そんな、家ではタスクに追われたくないよ』と言いたくもなるが、やらなければならないこと(例えばチラシ作り、実家の電気工事の手配、食事の段取り)、やった方がいいだろうこと(パンツの裾上げ、ブログを書く、家計簿アプリ見直す、冷蔵庫の要らないもの捨てる)など延び延びにしていることが山ほどあるのだ。

 

ということで今日はチェックリストを作って日中ダーーーーッとやってみたら、見事にはかどった。一番心にのしかかっていたのは長期先延ばしにしていた主催予定のコンサートのチラシ作りだ。

取り掛かったらやるしかなく、やりだしたら止まらなくなり、正味3時間ぐらいでチケットのデザインまで出来た。(天才ではなかろうか!!)ラクスルに入稿まで出来てとにかくホッとした。

 

あと大事なのは夜は脳を休ませた方がいいとのことでなるべく難しいことは考えないようにして朝に備えて早く寝たがいいということだ。夜の脳は疲れ切っている。スマホのアプリをあちこち開きながら時々思うこと、『はたして、この時間はわたしに必要なのか?しかも結構疲れてるし』

 

夜更かししたとしても楽しいことだけしていようと思う。

 

あと補足として目覚めの脳が一番活躍するとするならば、昼寝も同じような効果があるらしく、2度その『金』の状態を味わえるということだ。これにも身に覚えがあり、昼寝をした後は不死鳥のように元気になる。

 

今後も昼寝、うたた寝は堂々とやろう思う。

 

逆に職場での昼からのわたしはまったく使い物にならないくらい眠気が襲ってくる。やること山積みでも人が居なかったら寝てしまいそうなレベルだ。昼休み自分の車で寝ている人が多いのも理解できる。学校では昼寝を導入して学力を上げているところがあるらしいけど、日本もシエスタ制度を導入してほしい。きっともっと頑張れるはずだし、もっと楽しいに決まってるのに。

 

朝ごはんは朝イチ仕事した後がベスト!!

 

って夜型のわたしがいつまで続くかはわかりません。

f:id:tentecoworks:20220912235128j:image

 

 

 

とある治療院で再会  No.334

内くるぶしの治りが悪いため、少々焦りが出てきている。

 

運動はzoom筋トレ部(毎日)の30分に参加している、と言っても飛んだり跳ねたりは出来ないのでその部分はひたすら寝転がって腹筋やストレッチをすることになる。

 

歩く歩数も激減、1000歩から2000歩ぐらい。やっと生活できる範囲ね。

ひとつ痛い箇所があるとなんと不自由なことなのか。30分台所に立っているだけでも痛くなる。よっていつもより更に簡単料理が並ぶ羽目になっている。

 

先日フィットネスの先生からある治療院を勧められた。直感で良さそうだなと思っていたら、まさか次の日に近所の自然食レストランのおじさんからも「そこしかないばい」ぐらいの勢いで勧められた。このおじさんは身体のことに関しても博識なのだ。78才のこの方とわたしは話が合うのだ。向こうは知らんけど。

 

2日続けて同じ場所を勧められるとは縁があるかも、とさっそく今日予約を取って行ってみた。

 

想像通り、そこは不思議な治療をするところだった。全身からくる歪みの説明もよく理解できた。治療の内容は書かないが(書いても理解してもらえそうにない)信じられる人は信じれる、ソフトな治療を40分ほどやってもらった。予約の患者さんも多そうだった。

 

治療後、来た時より断然、痛みが軽くなっていたのに驚いた。これはいいかも!そんなに簡単には治るとは思えないけどなんかこの先生は波長が合うし、もしかして以前会ったことある?と治療中、記憶をたぐってみた。

 

ふと治療院の名前は変わっていたが先生の声と話し方にかすかな覚えがあり、

『先生、以前は駅前でやられてませんでした?』と聞くと「そうそう、来たことある?

と言っても30年以上前だよ」と先生は言った。

 

そう、新婚旅行でホノルルマラソンを走ると言ったオットの無謀な提案ににわか練習で足を痛めた時、そこに何回か通っていたのだ。20代の時だ。

 

その時先生が言った言葉を思い出した。

 

「これはマラソンをする足やない」

 

確かに10kmも走ったことさえなかったのにフルマラソンに出ようとするのだから、ランナーを舐めすぎもいいとこだった。直前に痛めたのに無事完走出来たのはこの先生のおかげと言ってもいいのかもしれない。

 

先生は「おれ、そんな酷いこと言った?」と言って笑っていたが、あの時の故障も治してくれた先生だ。きっと30年以上経ってまた縁があったと言うことはまた今回も治してくれるということだろう、と他力本願の眼差しを先生に向けてみた。あの頃のピチピチ感は無くなったけど、まだまだ人生楽しみたいもん。

 

帰ってきたら身体が緩んだのか15時ぐらいにもかかわらず2時間も爆睡してしまった。

 

気持ちいいー、デトックスした感じかな⁈

 

希望が見えたらメキメキ元気が出てきた(単細胞)

 

早く山に登りたいよー

 

ヤル気が無くなり過ぎていた毎日が少し明るくなりそう。

 

治療院を教えてくれた近所の自然食レストランのランチ

いつもありがとう

f:id:tentecoworks:20220903230124j:image

 


全般ランキング

 

 

納戸を片付けて倒れる  No.333

気になっていた階段下の倉庫をオットの居ない間に思い切って片付けた。正直言ってほぼわたしにとっては必要のないものばかり。80%捨てても問題ないと思ったけどここは30%に留めておいた。

f:id:tentecoworks:20220831210737j:image

これでも片付いたとこ

 

溢れていた納戸、この奥も何もなくスッキリ。 ほんとはもっと捨てたいところだけど我慢、我慢

 

以前、四柱推命の先生(福岡を出て今や全国区の著名人となってる)の先生が家の真ん中は女性の病気に関わる場所だから常にきれいにしておきなさいと言っていた。

 

まさにその真ん中にあたる場所なのにこんなに長期間放置してしまった。占いなどはほとんど気にしないけど、妙にその言葉だけは忘れてなかった。

 

どんどん奥から掻き出してる途中、なぜかものすごく気分が悪くなった。不用品の負の波動が全身を襲ってきたような感じで頭痛と吐き気でその場に倒れ込んでしまった。(まさかそんなスピリチュアル的な訳ではなかったと思うけど、熱中症みたいな症状?)

 

放っておくわけにもいかず休み、休み作業を続けた。→執念

 

わたしの車の半分を埋め尽くす量となった。

 

 

次の日ゴミ処理センターへ。

 

あの気分の悪さは何だったんだろう。不用品を捨てたらすっかり元気になった。吐き気も嘘のように治まった。

 

実家にいるオットに『片付けてやったぜー』と写真を送ると、向こうも断捨離の最中だったらしく同じような写真を送ってきた。

f:id:tentecoworks:20220831210153j:image

f:id:tentecoworks:20220831210207j:image

 

⬆️わたし

⬇️実家のオット 処理センター3往復したらしい。圧力鍋2個、お盆30枚あったらしい、炊飯器数個、掃除機数台(昭和からのものばかり)、などなど。

 

f:id:tentecoworks:20220901004002j:image

f:id:tentecoworks:20220831210243j:image

 

 

自分のものだったら何も捨てられないのに、実家のものは捨てれるんだ。

 

 

とりあえず気が済んだ。

 

9月、次はお布団類を断捨離しよう。

 

気力のあるうちに。

 

 

 

ホリエモンと遭遇(夢で) No.332

約2ヶ月弱まともに動けていない。

 

内くるぶしの靭帯の損傷らしいけどこんなに時間がかかるとは思ってもいなかった。

 

運動が好きでジムや登山など張り切り過ぎたのがまずかった。運動会のパパ状態ね。

 

動きたい思いが募って面白い夢を見た。友人が「トライアスロンに申し込んだけん、一緒に出よう!」と言うではないか、しかも「今日スタートよ」って。

 

『いや〜、わたし足痛いけんねー』と言いながらいつの間にかアスリートのウェア姿に変身してる。(ここではスマート)夢の中で足痛いけどきっとがんばれるって、自分に気合い入れていた。

 

まず最初は走り幅跳びからその後、バイク、ランらしい。(走り幅跳びって、スイムじゃないことに夢では疑問に思ってなかった。)

 

走り幅跳び会場の階段でまさかのホリエモンと遭遇。なぜか知り合い設定で

『今から走り幅跳びなんですよ』

「あーそうなんやね、へーー、がんばるねー」みたいな。あのいつもの顔で励まされた。特にファンでもないのになかなか夢では優しかった。

 

かなり意味不明

 

鼻息荒く会場に行くとこで終わったけど、起きてからもあまりにもリアル過ぎて、思い出し笑いが止まらなかった。

 

運動したい願望が夢にまで出てきた。

あまり歩けない状態が普通になったらヤバいな…まさかね。

 

治ると信じて湿布貼ろう(やることがそれしかない)

 


全般ランキング

 

https://blog.with2.net/link/?id=2082805